スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近はまってるゲーム

拷問だ!とにかく拷問せよ!下地鶏です。

最近、今更感たっぷりに「R-TYPE」にどはまってますw
シューティングとは思えないSFF世界設定…、
101機もの使用可能な戦闘機…

めっちゃ気持ち悪い敵キャラ「バイド」

魅力たっぷりの世界につかりましてねwwww
もう毎晩ニコニコで実況みてるわけですw

しかもねー、
まさかの同期でそれが大好きなのもいるし
MADで一緒に音楽にはまるやつもいるし…面白いね!!w


ネタがない日もある日も、
すこしずつ設定などを載せて、あとでまとめて自分でにやにやしようかと思ってますw

今日はとりあえず一番初めなんで、世界設定?的なストーリーを載せようかとー。

少しでも興味を持ってくれる人が増えたらいいなww



バイドとは


それは26世紀の人類が生み出した惑星級の
星系内生態系破壊用兵器のなれの果てであった。

銀河系中心域に確認された、明らかに敵意を持った
外宇宙生命体との接触に備えて建造されたそれは、
反応兵器や次元兵器と異なり空間を汚染することなく、
その効果範囲における全ての生態系を破壊する局地限定兵器であった。

月とほぼ同じ大きさのフレ-ムの中に満たされた、
すべてを侵蝕し、取り込み、 進化して、
自分以外の生命体すべてを喰い尽くすまで活動を続ける人の手による絶対生物、
それは、生体物理学、遺伝子工学、魔道力学までも応用して合成した人工の生ける悪魔だった。

これをバイパスパイルを通じて空間跳躍(D-wape)させ敵の母星の存在する
星域に送り込み全滅させる計画は完璧に進んでいるように見えた。
だが、ほんの些細なミスによって"それ"は太陽系で発動した。
150時間荒れ狂った"それ"は次元消去タイプの兵器によって異次元の彼方へ吹き飛ばされ、
一応の決着を見たのである。26世紀では。

だが、"それ"は生きていた。
異次元の中で進化を続けながら胎動を繰り返す肉塊。
気の遠くなるような彷徨の果て、時間を乗り越え、その力の発現した先には22世紀の地球があった。




次回から普通の日記の最後には機体の紹介を載せるよーw

ではでは、すぃ~ゆぅ~ねぇくすとw



今日のお言葉
「もう少し現実的にスケジューリングをする訓練をしましょう」

91.1

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

下地鶏@Aym家

Author:下地鶏@Aym家
日本国と陸続きの異国「北東北」に生息する鶏です。
エサとかください!←

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。