スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05月30日のココロ日記(BlogPet)

さっき新鮮な倭と事業を買ってきました。明日のお弁当はこれで決まりですね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト

05月23日のココロ日記(BlogPet)

人間は、考える組織だと思いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

誕生日プレゼント

080520_2040~01.jpg
を、いまさらくれた奴がいる。

ぱっと見た感想

「やはりインパクトははたはたパイのが上か…」


食って

ん。
美味い。


有り難く頂きましたww

㌧クスww

以上!文句はあるまい?ww

テストを前にして

080518_2152~01.jpg
人とは身勝手で、そして忘れやすい生き物である。

如何に一時熱狂的に流行り、溢れ、当たり前になったものでも、
時間の経過とともにほかのものに置き換わり、

まるでそんなもの、そんなことなど無かったかのようにぴたりと収まるのだ。

素晴らしく嬉しい出来事も、
あまりにも悲惨な出来事も。


忘れることは人間に与えられた最高の能力だ

と考える人もいる。


逆に
忘れる中から、それぞれ忘れないものをもつ
事が最高の能力だと考える人もいるだろう。


しかし、どれだけ突き詰めても、人間は忘れない
と言うことができないのだ。

と言う結論からは逃れ得ないだろう。


そう、人間は忘れるのだ。


例え今理解したと思い込んでいる解法も、
定理も、公式も

いつか忘れる。

それがいつになるか…

その差があるだけだ。











定期考査…か


ミク、俺どうしたらいいのか(ry

世界史:清

~中国統一~
は1616年に建った女真族の王朝。
建国者はヌルハチで当時は後金(アイシン)
1636年第二代太宗(ホンタイジ)が国号をと改めた。

第三代順治帝の時代に李自成らの反乱によって倒れ、山海関呉三桂が招き入れたことを期に中国本土を平定。北京へ遷都した。
北京は元(大都)・明・清と三代続く都となり、現中華人民共和国の首都でもある。
呉三桂はこの時の功績から雲南の藩王に封ぜられた。

明が倒れ、清が台頭したことに反発した鄭成功は、オランダ人を駆逐して台湾を本拠地に鄭氏台湾を築き明の復活に努めた。
この働きに対し、南明の王から「珠(王家の苗字)」を与えられ、国姓爺と称された。

第四代康煕帝は中国史上第一の名君とうたわれる。
康煕帝の抑圧策に反発した呉三桂ら藩王の起こした1673年の三藩の乱の平定、
三藩の乱に乗じて本土入りした鄭氏征討による中国統一の完成、
南下してきたロシアのピョートル一世アルグン山・外興安嶺を境界とする国境確定条約であるネルチンスク条約の締結、
「康煕字典」「古今図書集成」の編纂などを行った。

第五代雍正帝は、八旗制を改革し、軍事・政治最高機関軍機処を創設。
1724年にキリスト教布教を禁止、27年にはロシアとキャフタ条約を締結している。
また、彼の代に丁税(人頭税)を地税に組み込み一括で銀納する地丁銀制が完成し、一条鞭法での人頭税が消滅した。

さらに、漢人に服従の証として辮髪を強制したり、
反清的な思想を弾圧する文字の獄・禁書が激しく行われた。

第六代乾隆帝、康煕帝・雍正帝に続く最盛期を現出。
オイラトの一部族であるジュンガル部と、回部(ウイグル人)新疆として征服。
清朝の最大版図を実現した。
これら清に支配された地域(藩部)を治めるための理藩院も整備された。
また、「四庫全書」の編纂事業も行った。


~清代の文化~
外交貿易の統制のため、外国人は広州一港でのみ交易可能で、さらに商品の買い付けは特許商人である公行(コホン)としか行えなかった。
(これはアヘン戦争の後、南京条約で撤廃された)

また、海禁策中にも海外に移住する者が広東・福建に多かった。
彼らは南洋華僑と呼ばれた。

儒学にも進展が見られ、確実な文献に典拠を求める実証的な学問、考証学が起こり、洪宗羲・顧炎武・王夫之らが率いた。

さらに、考証学よりも実践的な、春秋の公洋伝を正統とする学問、公洋学も起こった。

貴族の家庭の栄枯盛衰を描いた「紅楼夢」や、科挙を風刺し、官吏の腐敗を暴いた「儒林外史」が流行った。

世界史:明

は中国史上唯一、江南から発展し中国統一を成し遂げた王朝。
元末に起こった紅巾の乱のなか、珠元璋が台頭し1368年南京を都に建国。
皇帝一代につき一元号とする、一世一元の制をとる。

洪武帝(珠元璋)は、中書省を廃止し、六部(唐代に制定された吏部・戸部・工部・兵部・刑部・礼部の六つの行政機関)を直属とした。
法としては「明律」「明令」を公布した。

軍政は五軍都督府を最高とし、軍籍に入れられた家、軍戸に兵役を課す、兵農一致の衛所制をとった。
農村統治には里甲制をとり、戸籍簿・租税台帳である賦役黄冊、土地台帳である魚鱗図冊を作成した。
里甲制のもとで里老人とされた者は六諭(「父母に孝順なれ、長上を尊敬せよ、郷里に和睦せよ、子孫を教訓せよ、各々生理に安んぜよ、非為をするなかれ」の六カ条)を説く役を負った。
これは儒学のもとで権力・秩序に従順な民衆を教育しようとしたものである。

明朝第二代皇帝建文帝は、一族・諸王からの領地の没収を強行したため、靖難の役を招き、この中で行方不明となった。
靖難の役を起こしたおじの永楽帝は南京で即位したが、儒学を大事にする中、身内に対して乱を起こして即位したことで部下からの風当たりが悪く宦官を重用、北京への遷都を行った。
これは、
「タラちゃん」が皇帝位を得たが、「カツオ」「ワカメ」が横暴なので部屋を没収したところ、キレた「カツオ」が「タラ」に対して反乱を起こし皇帝位を奪取。
しかし、儒学で育った「ナカジマ」が冷たくなったので、切り捨てて転校した。
ような感じである。

永楽帝はその後、内閣大学士を設置して政治を安定化させ、
人気取りのために自らが前線に出る親政をモンゴルに対して行った。
また、自らに対し部下が反乱するのを避けるため、「永楽大典」「四書大全」「五経大全」「性理大全」の編纂を命じ、忙殺した。

鄭和はイスラーム教徒の宦官で、大船団を率いて南海諸国遠征を行い、朝貢を促した。
しかし、倭寇による海賊行為の横行を防ぎ、貿易の統制をとるためにとられた海禁なども行われた。
また、明に追いやられた元はオイラトエセン=ハンのもとで統一、1449年土木の変を起こし第六代正統帝を捕えたり、
タタール(韃靼)アルタン=ハン(オイラトを滅ぼし、チベット仏教に帰依して、その指動者にダライ=ラマの称号を献じた)による侵入で明を苦しめた。
この南方では倭寇が、北方ではオイラト・タタールが明を苦しめたことを北虜南倭という。

第十四代万歴帝の時代には、東林派・非東林派東林書院に属すか否か)による党争が起こり政治が乱れた。
内閣大学士の張居正の補佐で立て直そうとしたが失敗。

第十七代崇禎帝の時代に、李自成らによる反乱で北京が陥落。明は滅亡した。

さらに、中国東北地方に住んだツングース系の女真人は自らの地域をマンジュ(満州)と呼称し清朝第一代ヌルハチのもとで独立。
ただし、彼は国名を清ではなく後金(アイシン)としていた。

ヌルハチは八旗と言う旗人からなる軍事組織を組織。その基地を旗地と呼ぶ。
また、漢人のみで構成された軍を緑営と呼んだ。
第二代ホンタイジは内モンゴルのチャハル部を平定。
国号をと改称した。


明代には宋代の穀物大生産地、浙江をしのぎ、湖広が台頭したため、
「浙江熟すれば天下足る」に代わり、「湖広熟すれば天下足る」となった。

日本銀・メキシコ銀の流入が多く、土地税と人頭税を一括して銀納する一条鞭法を行った。

新安商人・山西商人らの活動が活発で、各地に会館・公所が建設された。
景徳鎮の陶磁器は、染付・赤絵の技法が完成し海外輸出用として重宝された。

明代は儒学、中でも朱熹が大成した朱子学が主であったが、その完成された学問に、もはや発展性はなく、むしろ陸九淵が唱え、王陽明が完成した陽明学が流行した。
陽明学は心即理・知行合一を基本原理とし、至良知を悟りとした。

書物では、徐光啓が、マテオ=リッチとともに「農政全書」「崇禎暦書」を、
李時珍「本草綱目」を、宋応星「天開工物」を著した。

さらに、「水滸伝」「三国志演義」「西遊記」「金瓶梅」の四大奇書が成立した。

05月16日のココロ日記(BlogPet)

昨日、下地島さんが察す夢を見てしまいました……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

僕が一万文字の言葉を君に並べても

それは正しい結末にはならないから…


最近歌詞で日記がスタートしてます。
コレが内容とリンクするか…

それが玄人との差ですかね。


今日は、
良くもなく悪くもなく…

あ、
5:3くらいで良い日だったかもww

後輩が可愛くて仕方がないwwもちろん性的な意味(ry

ははは( ̄∇ ̄)










あ、今日は席替えみたいです。
みたいですなんて言って私は級長ですから主催者ですね。
えぇ。


きっとみんなの願いは一つ。


奴の近くは勘弁してく(ry


いやいや、よもやここまで嫌えようとは思わなんだ。

実際どうなんかね。
これは果たしてイジメなのか?

いやいや、
なんだかんだで結構みんな構ってる。はず。




ん~
「客観視できる主観者たれ」

なんと理想的な…

実現できる者などあろうか?

ふむ、

それが成功者とパンピーの違いでもあるのか?

君は王女、僕は召使い…

何回聞いても深い…けどタイムパラドクス!

さて、お久しぶりです。

春…ですかね~。
いろいろ異常気象とかで一概には言えないんですよね、きっと。

尻…皇族のお兄さんあたりは暑さとかで女学生に何かやらかしてないかとニュースは特に九州のを良く聞くようにしてます。

え?俺も心配だって?
はははww
三次元だよ?ご冗談をww


で、今日は自殺の名し(ry
南○ダムに、竹の子取りに行ってきました。

去年くらいだったら、もう「竹の子…?寧ろ竹?」
な味噌汁でしたが、今年はまだまだ柔らかい。
美味い季節ですよ。

うん、受験生って何してる人だろ?
まぁ、確実に竹の子取りには行かないと思う。


ネタが無い。


麻疹の予防接種今更受けた。
打ってから問診票書いた。
「しまった…」
とか言われたけど、帰されたから気にしないコトにしてる。



LISMOがほぼ初音ミク。

そういや、亜種ってどんくらい?

弱音ハク
亞北ネル
AKAITO
帯人
亜乃音ムリ
闇音アク

くらいしか具体的に出て来ない…
きっと見たら思い出すけど…
情報求ム!

05月09日のココロ日記(BlogPet)

下地島さんって意外に珍しいところがありますね♪でもココロはそこが好きですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
プロフィール

下地鶏@Aym家

Author:下地鶏@Aym家
日本国と陸続きの異国「北東北」に生息する鶏です。
エサとかください!←

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。